読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっさりシナリオブログ

もけの脚本・シナリオ等創作置き場(無断転載不可)

引っ越しそば@出会い

人物

大川静香(31)専業主婦

山田和夫(72)農夫

 

山田和夫の家の玄関前

   大川静香(31)が呼び鈴を鳴らす。

   手にはスーパーで買った大量のそばの袋。しばらくしても誰も出ない。

静香「こんにちは。すみません、どなたかいらっしゃいませんかー」

   山田和夫(72)が出てくる。

山田「はい、どなたですか?」

静香「あ、よかった。あの、昨日こちらに引っ越してきた大川と申します。

 はじめましてよろしくお願いします」

   山田、静香をじろじろ見る。

山田「ああ、隣に引っ越してきた都会の方?」

静香「はい、いろいろご面倒をおかけしますが、よろしくお願いします。

 あ、これ引っ越しそばです。良かったら召し上がってください」

山田「ああ、これはスーパーに売ってるやつだね」

静香「はい、時間がなくて…」

山田「…大川さん、でしたか、ここの名産物をご存じですか?」

静香「名産物?いえ、特には…」

山田「じゃあ教えておきましょう。そばです。ここではそばを育てているんです。

 そんなことも調べないでよくまあ、こんな田舎に引っ越してきましたね」

静香「すみません、私全然知らなくて…あ、でもきっと主人なら知ってます。

 こちらに来たのも主人の考えです。田舎暮らしにあこがれてたらしくて…」

山田「あんたの考えはどうなの?ついて来たものの、

 本当は都会に帰りたいんじゃないの?」

静香「え?いえ、そんな…」

山田「顔に書いてあるよ。こんなところに来たくなかったってね。

 帰ればいい、都会に帰っちまいな」

   山田、そばの入った袋を静香に返して玄関の戸を閉める。

   静香は返されたそばの袋を玄関前に置き、頬を伝う涙を拭きながら帰って行く。