読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっさりシナリオブログ

もけの脚本・シナリオ等創作置き場(無断転載不可)

いってらっしゃい@わかれ

人物

河村伸二(28)会社員

横井あき(27)OL・河村の恋人

 

○横井あきのアパートの部屋(夕方)

   河村伸二(28)が大きなスーツケースに荷物を詰め終わる。

   別の部屋から横井あき(27)が入って来る。

あき「あれ?荷物これだけ?」

河村「ああ」

あき「思ってたより少ないね」

河村「まあ、引っ越し業者に持ってってもらったしあとは結構捨てたからな」

   ゆっくり座る二人。煙草に火をつける河村。無言で近くの灰皿を渡すあき。

あき「…ねえ、本当に行くの?」

河村「行くよ。もう新しく住む場所決めてるし」

あき「やっぱ、そうだよね」

河村「もう夕方かー。この部屋西日がものすごく入ってくるな。暑い」

あき「本当。この時間は普段お互いうちにいないから知らなかったね…

 エアコン入れようか?」

河村「いやいいよ…なんか思い出した」

あき「海行った時?」

河村「見たよな、夕日が沈むの」

あき「そうそう、何だかあっという間に沈んですぐ暗くなってびっくりしたよね」

河村「そうだな…あっという間だった」

   河村、煙草をもう一本取り出し吸い始める。

あき「…あ、ねえ、明日も仕事?」

河村「ん、そうだよ」

あき「部屋の片付けしないといけないし、休めばよかったのに」

河村「いや、そういうのは後回しだよ。今仕事に集中したいから」

あき「そういう人だったもんね」

河村「そういう人でしたよ、俺は」

あき「なんか仕事のことでたくさんケンカもしたよね」

河村「そうだったな。嫌な思い出だ」

あき「そうかな、私には夕日見た時もケンカした時も今は全部いい思い出かな」

河村「まあ全部終わったしな。嫌なこともなんだかいい思い出になるんだな」

あき「…そうだよね」

河村「じゃあ俺、そろそろ行くよ」

   火のついた煙草を灰皿に置き、立ち上がる河村。

あき「うん。じゃあ…いってらっしゃい」

河村「いつも通りだな、お前は。でも俺はもうただいまは言えないな」

あき「…それでもいいよ。最後でもいつも通りにしようよ」

河村「そうだな。じゃあ、いってきます」

あき「いってらっしゃい」

   河村、玄関を閉め、出て行く。

   煙草の火がまだついていて煙が立っている。

あき「あ、煙草、また火がついたままだ」

   煙草の火を消しながらあきの頬から涙が伝う。