読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっさりシナリオブログ

もけの脚本・シナリオ等創作置き場(無断転載不可)

妹の鏡@鏡

人物

春山光一(16)高校生

秋月桐花(16)高校生

五十嵐一真(16)高校生

横井空人(16)高校生

秋月清美(45)主婦・桐花の母

 

 

○大沢高校・男子トイレ

   春山光一(16)が鏡の前に立っている。

   鏡に映る自分の姿を見つつ、髪の毛など身だしなみを整えて頷く春山。

春山「よし!」

   春山、トイレから出て行く。

 

○同・1年4組教室

   五十嵐一真(16)と横井空人(16)が教室の窓側の隅で

   グラビア雑誌を見ている。二人の間に春山が割り込む。

春山「おい、そんな雑誌学校に持ってくるなよ」

五十嵐「堅いこというなよ」

横井「(写真を指指し)この子可愛いな。あ、でもなんつーか、うちのクラスの秋月に

 似てね?」

春山「秋月?ああ、まだ話したことないな」

横井「秋月って見た目可愛いけど、なんつーか暗いんだよねえ」

五十嵐「しかもなぜかいつも手鏡持って見てるし」

春山「自分の顔が好きなんじゃないの?」

横井「でもなんつーか不気味だよな」

五十嵐「だよなあ。可愛くて成績もいいのに残念だよな」

春山「…俺、ちょっと話しかけてみる」

横井「うわー春山、また口説くのか!」

春山「ちげーよ。声かけるだけ!」

   秋月桐花(16)が廊下側の隅の席で手鏡を見ている。

   春山がごく自然に近づく。

春山「秋月さん!」

   桐花びっくりして手鏡をしまう。

春山「あ、突然話しかけてごめんね。秋月さんいつも一人でいるからちょっと

 気になって…良かったら俺と友達になろうよ」

   桐花ゆっくり頷く。

春山「(にっこり笑って)よろしくね!」

   窓側の方で横井と五十嵐が春山の様子を見ている。

横井「春山って、なんつーか、よくやるよな」

五十嵐「秋月さん困ってるけど大丈夫なのか」

横井「さあ?」

 

○同・教室の廊下(朝)

   朝の挨拶があちこちから聞こえてくる。

   春山あくびをしながら廊下を歩いている。

 

○同・1年4組教室(朝)

五十嵐「春山おはよ」

春山「おはよう五十嵐」

   春山、桐花の席を見る。桐花はすでに登校しており、

   相変わらず手鏡を見ている。

春山「(大声で)秋月さんおはよう」

   一瞬、しーんとなる教室。桐花はびっくりして手鏡をしまう。

   春山、桐花の側に行く。

春山「秋月さん、宿題やった?俺ちょっと自信なくて…今日先生に当てられそうだし」

   桐花ゆっくりノートを出す。そのやり取りを見ている五十嵐。

五十嵐「…本当よくやるよなあ」

 

○同・教室前の廊下(夕方)

   春山と横井と五十嵐が三人で話している。

横井「今日カラオケ行くか!」

五十嵐「え、じゃあ他に誘う?」

   そこへ手鏡を持った桐花が教室から出てくる。

春山「あ、秋月さん。今からカラオケ行かない?」

   桐花びっくりして手鏡をしまう。

桐花「あ、あの…早く帰らないと…ならないので…お、おと…か…が」

春山「そっか、じゃあ今度都合のいい時に」

   桐花ゆっくり頷く。

春山「じゃあまた明日ね」

   桐花頷き、小走りで去る。

横井「春山すげー!俺、秋月さんがしゃべってるの初めて見たわ」

春山「うん、俺も初めて見た」

五十嵐・横井「ええ?」

 

○同・1年4組教室(朝)

   桐花の席の近くで春山と横井が話している。

   そこへ五十嵐が鞄を持ってやってくる。

五十嵐「おはよっす」

春山「おはよう五十嵐。今日はいつもより遅いじゃん」

五十嵐「なんか電車が遅れててさ」

   そこへ桐花がやってくる。

春山「あ、秋月さん、おはよう」

桐花「あの、おはようございます」

春山「(少し笑って)なんで敬語?」

桐花「あ、じゃあ、敬語やめます」

   横井と五十嵐顔を合わせてにっこり笑う。

横井「秋月さんそれじゃ敬語のままだよ」

五十嵐「クラスメイトなんだし、リラックスしようぜ」

桐花「あ、えっとはい!じゃなくてうん」

   四人顔を見合わせ、笑う。

 

○同・教室前の廊下(夕方)

   春山がドアの近くで携帯電話を見ている。

   桐花が手鏡を持ちながら帰ろうとドアを開ける。

春山「あ、秋月さん、今帰るとこ?」

桐花「あ、うん」

春山「良かったらここの近くの公園で少し話しでもしない?」

桐花「あ、でも乙花が…」

春山「乙花?」

   桐花、手鏡をしまう。

桐花「ううん。なんでもないよ」

 

○大沢公園(夕方)

   春山と桐花がブランコに乗って楽しそうに話をしている。

春山「あ、もうこんな時間だけど大丈夫?」

桐花「うん、平気」

春山「良かった。いやー秋月さんと話してるとなんか、楽しいよ」

桐花「私も春山君と話せて楽しい。クラス人と長く話すの久しぶりだから」

春山「じゃあ秋月さんは家族とかとよく話すの?」

桐花「…こんなこと話すの初めてだからびっくりするかもしれないけど…」

春山「ん?」

桐花「私ね、双子の妹がいるの。名前は乙花」

春山「へえ、そうなんだ」

桐花「でも乙花は交通事故で二年前に亡くなったの」

春山「え」

桐花「私すごく悲しかった。けどこの手鏡に乙花が幽霊になって会いに来てくれるよう

 になったの」

春山「え、ゆ、幽霊?」

桐花「うん、乙花は私より明るくて勉強も出来たから私の事励ましてくれるし、

 ときどき勉強も教えてくれるんだ」

春山「(動揺しつつ)そ、それはすごいな。

 鏡の中に妹がいるなんてちょっと怖いけど…まあ、うん、すごいと思うよ」

桐花「(嬉しそうに)そう、思う?」

春山「うん、勉強教えてくれるとかちょっとうらやましいな。

 でも…乙花ちゃんはずーっとその手鏡の中にいて本当に幸せかな?」

桐花「え」

春山「俺は死んだらどうなるとかあんまり考えたことなかったけど、生まれ変わりとか

 あるかな、って思ってるんだ。だから乙花ちゃんも鏡の中にいるより生まれ変わって

 また生きたいんじゃないかな?」

桐花「そう、かな?」

春山「…今から秋月さんちに行ってもいい?俺も祈るから秋月さんも祈ろうよ。

 乙花ちゃんの成仏を、さ」

桐花「…わかった。ついてきて」

 

○桐花の家(夕方)
   桐花と春山が玄関に入ってくる。出迎える秋月清美(45)。

桐花「ただいま」

春山「お邪魔します」

清美「桐花のお友達?こんにちは。ささ、上がってちょうだい」

桐花「私部屋で着替えて来るね」

   桐花二階に上がる。

春山「あの僕、乙花さんの仏壇に手を合わせたいんです。いいですか?」

清美「乙花?」

春山「すみません、無理言って」

清美「いえ、あの…乙花ってどなた?」

春山「え?桐花さんの双子の妹だって…」

清美「うちの桐花は一人っ子よ」

   春山一瞬驚いてから急いで靴を脱ぐ。

春山「…ちょっと失礼します」

   春山急いで階段を上がり、桐花の部屋に向かう。

 

○同・桐花の部屋(夕方)

ドアを開けると部屋で手鏡を見ながら何かつぶやいている桐花。

春山「桐花!乙花はもともといなかったんだ。

 君には妹なんて最初から存在してないんだ!」

   春山、手鏡を桐花から無理矢理奪い取る。

桐花「返して!」

   手鏡を覗き、驚く春山。手鏡には春山の姿は映らず、

   桐花によく似た女の子が映っている。

春山「こ、この手鏡…なんで…?」

   桐花がゆっくりと立ち上がる。

桐花「私の妹を…返して」

   絶叫する春山。春山の瞳に桐花の姿が映っている。